自由を求めて!?起業するタイミングと理由

選択肢の多い社会で何を求めるか

戦後、団塊の世代は「生活するために働く」「生涯一つの会社で安定した生活を送りたい」「国の発展と未来の為」という我武者羅な気持ちで、この国を発展させてきたのではないでしょうか。現代の若者は、不自由のない生活に生まれ育ち、インターネットの普及により、誰もが簡単に世界と繋がることが出来、海外旅行も格安で行ける時代になりました。どんなに不景気と言われても求人がゼロという訳でもなく、むしろ一生その会社に勤めるということが束縛に似た恐怖を感じてしまうようです。また「幸せな人生」イコール家庭を持つことという単純な方程式ではなく、そこに当てはまる選択肢は無限のように広がり、社会ではそれを尊重する傾向が見られます。

一度きりの人生を悔いなく挑戦する

やりたいと思っていることを実行に移したい、もう上司から指図されるのは嫌だ、自分らしくやりたいことを仕事にして生活したいという理由で起業する人は多いのではないでしょうか。食べていけなくなるとか、安定した生活を送りたいというよりも、自分らしく生きたいというクオリティーに注目しています。幸いなことに現代はインターネットの普及により、知りたいことをすぐに調べられる環境が整っています。起業した人について調べればすぐにその人について知ることが出来るので、マネすることも簡単ですし失敗もそこから学ぶことが出来ます。

リスクを考えることが出来たら今は企業の時代

起業した時のリスクは考えていると思いますが、もう一度よく想像力を働かせえて考えてみて下さい。もし返済できないまでの負債を抱えてしまったら裁判で破産申告をしなければならず、それはクレジットカードを持つことも出来ず、もちろんローンだって組むことは出来ず、身辺の一切を調査されてしまうのです。一千万円稼ぐには一千万円のリスクが伴っているということを忘れずに夢は現実的に計画を立てる必要があります。とは言っても、社会が活発化し良い影響をもたらすことの方が多いと思うので、実力で挑戦できる今こそ、途中で諦めず、勇気をもって挑戦してもらいたいですね。

フランチャイズでなら、ノウハウもブランド力も備わっていて、オリジナルよりも安全さが高くなります。ロイヤリティは、広告宣伝費と思えば、お得感を感じられます。