プライバシーを守るためのポイントを一挙公開!!

必要最小限しか情報を使わない

プライバシーが守りにくくなっている現代、まずは情報を出さないところから考えてみましょう。ネットサーフィンを行っているとサイトにユーザー情報を登録することがあります。登録するという都合上、全く情報を使わないということは出来ませんが、必須項目のみを入力することによって情報の開示を抑えられます。全項目の入力を求められることは意外と多くありません。必要最小限の入力に留めておくのがおすすめです。また、ニックネームの欄には本名を推測できないものを入力しておきましょう。

メールには注意事項がいっぱい

電子メールにはウイルスによる情報流出のリスクがたくさんあります。自分の知らない人がいるメーリングリストに参加する際には、メインで使用していないアドレスを避けたほうが良いでしょう。メインのアドレスは自分の個人情報と紐付けになっていることが多いからです。また、定番ではありますが、知らないアドレスから来たメールはどんなに気になるタイトルが付いていても開かないようにしましょう。思わず開きたくなるタイトルであればあるほど怪しいと言っても過言ではありません。

WEBセキュリティを活用する

現代ではこちらの注意をかいくぐってプライバシーの侵害を受けてしまうこともあります。それに対抗するのがWEBセキュリティです。クレジットカードのサイトなどにはほぼ確実にWEBセキュリティのセキュアを採用しています。逆に言えば、そういう重大なサイトにも関わらずセキュアを導入していない場合にはかなり警戒しておく必要があります。また、ブラウザ自体のセキュリティを強化するアプリもリリースされていますので、そちらもおすすめです。

機密文書の場合、外部への流出を防ぐことが求められるため、保管や廃棄などの際に慎重な取り扱いが必要となります。