適性検査の方法や行う理由、適性検査を受ける時にどうすればよいか

なぜ適正検査が行われるのか

入学前や就職前に書類選考などの他に行われる適性検査があります。簡単に言うと、その人の能力、性格、興味や指向について測定するものです。能力適性検査なら例えば〇に線を引いてそのスピードや正確さをみます。性格適正検査は、例えばコツコツとする仕事が好きという問題があったら「はい」か「いいえ」のどちらかを〇で囲むかチェックする、という形で進められます。興味や指向についても性格検査と同じように設問に対して答える形になっているものが多いです。

適性検査でわかること

適性検査でわかるのは、能力適性検査なら素早く計算ができるか、言われたことを正確に丁寧にできるかの判断材料になります。性格適正検査は、コミュニケーション能力の有無、ストレス耐性、責任感、精神は安定しているか、嘘をつかないか、などを測る材料になります。給料をもらうのが大切か、やりがいのある仕事がしたいのか、どのような職種に興味があるのか、なども興味や指向をみる検査で傾向をみます。これらの結果をトータルでみて、学校や職場にふさわしい人かどうかの参考にすると考えるとよいでしょう。

適性検査を受ける心構え

では、いざ適性検査を受ける時はどうすればよいか。答えは簡単です。そのままのあなたを判断してもらうために素直に答えましょう。試験によっては練習して上達するものはありますが、大切なのは実際にその場に入ってから、その場で力を発揮できるのか、なのです。適性検査の結果によって能力に合ったふさわしい場所に配属されれば、会社にとっても働く本人にとっても良い結果を生み出す可能性が大きくなるでしょう。学生も自分の能力以上のものを求められたり合わない場で必要以上に苦しまずに済みます。あくまで傾向をみるために行われるのが適性検査ですが、素直に答えれば自分を知るきっかけになるかも知れませんよ。

適性検査の中には、知力・学力検査や性格検査、企業によっては体力検査などがあり、その人の適正を判断します。