スムーズに引越を済ませるための3つのアクション

引越当日までに計画的に荷造りを進める

引越日が決まっているのなら、それまでに荷造りをしなければなりません。このとき、逆算して無理をしない範囲で計画を立てると良いです。計画を立てずに荷造りをしようとすると、必ずどこかで『面倒』と感じてしまい、片付かない可能性が出てきます。それを避けるためにも計画は必要になります。部屋を片付ける要領で各部屋を日にち毎に荷造りすると、スムーズに進みます。注意として、引越前日までに必要なものは当日に荷造りできるよう準備しておく必要があるので注意しましょう。

荷造りされたダンボールにマークを入れておこう!

ダンボールに荷物を積めたとき、注意しなければならないのが、”何がどこに入っているか分からない”という事態を避けることです。これは、荷物を積めた段階で、すぐにダンボールに印を入れておくと良いです。何が入っていて、誰のも荷物なのか、この2つは最低でも記しておく必要があります。引越を終えた段階で、今度は荷解きをしなければなりません。そのとき、何がどこに入っているのか分からなければ、片付けるのにかなりの時間がかかり、要領が悪くなるので注意です。

引越後の片付けは必要なものから!

引越が完了したとき、次に大変なのが生活できるように荷解きして片付けなければなりません。これには優先順位があるので必ず守る必要があります。優先すべきは、生活ができるようにすることです。荷解きする際、生活に必要なものを先に取り出します。それが終わった後に残りの荷物を片付けるという流れが良いです。同時に、ダンボール等のゴミをどこか一カ所にまとめておくことを忘れてはいけません。場合によっては、引越業者が引き取ってくれるので利用できるかを確認しておきましょう。

不用品の回収業者には、許可を受けていない違法な業者が多いのも特徴です。不法投棄などのトラブルの原因になりますので、正規の業者を利用するようにしましょう。