仕事の効率を簡単に飛躍的に上げる方法3選

適度な休息をしっかりとる

学生時代、勉強中に多くの方が感じたことがあると思いますが、仕事の場合、特に単調な作業が続くと、切れやすいのが集中力ではないでしょうか。人間の集中力の持続時間は人によって若干の差異があると思いますが、おおむね60分から90分程度だといわれています。集中力が切れると、当然業務中にケアレスミスが発生し、業務効率が落ちることになります。これを未然に防ぎ、集中力を持続するためには、集中力が切れるタイミングで、10分程度でもいいので、しっかりとしたリフレッシュタイム、つまり休憩時間を意識的にとるとよいでしょう。

脳味噌の休息チャージ!昼寝!

集中力を高めて業務効率を高めるという観点から、最近では「昼寝」が見直されています。ほとんどの人間は、昼食後の午後1時頃、バイオリズムの変化によって、急激に眠気に襲われることがわかっています。これは、多くの方が経験していると思います。この、人間が眠気を感じる時間帯に、「昼寝」をするわけです。その昼寝も時間が長すぎると、逆に人間の能力が下がってしまうために、おおむね15分程度の昼寝が推奨されています。眠気を感じた脳が一気にリフレッシュしますので、午後の業務効率があがるでしょう。

ここ最近で見直されている立ち仕事

一般的に立ち仕事といえば、接客業やサービス業を思い浮かべがちですが、最近特に注目されているのが、デスクワークを立って行う方法です。デスクワークといえば、椅子に座ってパソコンに向き合って眠い目を擦りながら行うといったイメージが強いです。しかし、敢えて高い机にパソコンを置いて、座らずに立った状態でパソコンの入力作業を行うと、眠気にも教われずに、座って行う場合よりも集中力が持続したという研究結果が得られたため、多くの企業が注目しています。

ワークフローとは、業務や作業の一連の流れのことをいいます。または、その流れを図式化したものを指します。